サイパン情報他趣味の色々

自宅から見える風景・月、外出先での風景や大好きなサイパンの情報や写真も投稿します。撮影の基本は一眼ですが、たまにはスマホも。

カテゴリ:サイパン関連 > Covid-19

サイパン在住の方から検疫されていた時のお弁当の写真を戴きました。
僅か1日の隔離で済んだようです。
居住者は優遇されているんですよね。
到着時のPCR検査と5日後だったかにPCR検査を受けないとダメだったような。

カノアリゾートのお弁当
隔離日記01

隔離日記02

隔離日記03

以前より良くなっているように感じます。
マリアナリゾートでの検査写真も戴きました。

荒れている雰囲気は無いですね。
隔離日記04


毎日メールが来てそれに回答するそうです。
隔離日記05

隔離日記06(修正)

こういうのだったんですね。どんな方式なのか新聞や政府の情報では分からなかった。


サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

Marianas Varietyによれば


知事のCovid-19タスクフォースとコモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーションは木曜日、Covid-19に感染したことが最近確認された人が1人追加されたと述べた。
"この個体は27歳女性、無症状で、以前にCovid-19と診断された個体の接触者である。検体は採取され、処理され、CHCC研究所で陽性が確認されました。"

2020年5月21日現在、CNMIでのCovid-19の感染数は22人で、有効例は7人、回復例は13人、死亡例は2人となっています。
 
タスクフォースによると、最新の症例は接触調査とコミュニティテストにより特定された。

"面接を受けた一次接触者の協力が二次接触者の発見につながり、地域に根ざした検査と連携して、この個人を迅速に特定し、隔離することができました。

"この個人は安定した状態にあり、カノアリゾートで安全に隔離され、CHCCの医療チームによって綿密に監視されています。"CHCC は既に、この新たに確認された症例の最も近い接触者(近親者、友人、友人、同僚)の連絡先の追跡を開始しています。"

タスクフォースは、「接触者追跡は、コミュニティ内での感染拡大を減らすために重要な役割を果たしています。接触者追跡は、最近診断された人に感染した可能性のある人を追跡することで、接触者は自分自身を隔離し、さらなる感染拡大を防ぐことができます」と述べています。 コンタクト・トレーシングは、SARSやエボラの流行など、以前の流行を遅らせたり止めたりするのに役立ってきました。しかし、Covid-19との戦いにおいて、これほど重要な、あるいはこれほど困難なことはありません。"
 
対策本部は注意喚起として、"ウイルス検査で陰性であっても、すでにウイルスに感染して回復していても、地域のすべての人が厳格な社会的距離感を保つことを継続し、公共の場をできる限り避けることが不可欠である "としている。"

タスクフォースとCHCCは、"マリアナ諸島の住民に、社会的距離を置くことを奨励し続けています。"つまり、自分自身がウイルスに感染しないように、また他の人に感染しないように、人との密接な接触を避けることを意味します。"

テストとACS

CHCCの最高経営責任者であるエスター・ムナ氏によると、5月21日現在、CHCCはサイパンで合計3,764検体、テニアンで137検体、ロタで188検体を収集しているとのことです。

彼女によると、テニアンとロタでのコミュニティベースの検査イニシアチブは今週も継続されるという。
 
カノアリゾートの代替ケアサイト(ACS)について、タスクフォース議長のWarren Villagomez氏は、5月22日ではなく、5月25日に準備が整うだろうと述べた。

"これはACSに必要な医療資源や医療機器を収容するためであり、集中治療室や透析装置も併設されることになる。

Villagomez氏は、ACSが適用される連邦政府のガイドラインに準拠していることも確認していると述べた。

 www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



サイパンのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

Marianas Varirtyによれば


水曜日のコモンウェルスヘルスケア Corp.は、7人のCovid-19患者のうちの1人がすでに回復したと発表した。
5月20日の時点で、CHCCはCovid-19の確認症例21件、死亡2件、回復13件、活動中の6件を記録しています。

6人はカノアリゾートに隔離されたままである。

一方、CHCCと知事のCovid-19対策本部はサイパンでコミュニティベースのテストを続けている。

CHCCのエスター・ムナ最高経営責任者によると、これまでに3,000人以上が陰性であったという。
 
水曜日の時点で、CHCCはサイパンで合計3,596人の検体を収集しています。

"本当にうまくいっています」とムナさんは地域に根ざした検査の取り組みについて語りました。"この数字は、地域社会におけるコビド-19ウイルスの有病率を判断するために重要なものです。

月曜日には、テニアンとロタから標本の収集を開始したと彼女は述べた。

水曜日の時点で、ロタでは167件、テニアンでは54件の標本が収集されている。

ラルフDLGトレス知事は以前のインタビューの中で、CHCCと対策本部は、「カーブを平坦にするだけでなく、地域社会からウイルスを排除するために最善を尽くしている」と述べた。 我々はこのパンデミックを、活動的な症例が出る前からハイリスクとして扱ってきた。"

知事と同様に、ムナは、社会的遠距離の指示を遵守し、適切な衛生状態を維持している一般市民のメンバーを称賛した。
 
"それらのことを継続して行ってください。それらを維持することは非常に重要です。まだ終わったわけではありません。" 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

日本も同様です。緊急事態宣言が解除されたからと言って、今までと同じような行動をすれ
ば、元に戻りますね。ニュースでは、秋冬の第二波に警戒しなければならないと伝えいるが
夏場には感染しないとでも言っているよう。サイパンのように暑いところでさえ感染が発生
しているのに、季節性インフルエンザみたいな報道をしていて良いのかと思う。


サイパンのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mariranas Varietyによれば


(知事事務所) - ガバナーのCovid-19タスクフォースとコモンウェルス・ヘルスケア・コープは、Covid-19に感染したことが最近確認された2人が追加で確認されたことを、一般の人々にお知らせしたいと思います。
これらの症例は、コンタクトトレースにより確認され、安定した状態であり、カノアリゾートに安全に隔離されています。これらのケースはCHCCの医療チームによって綿密に監視されています。CHCCは、これらの新たに確認された症例の最も近親者(近親者の家族、友人、同僚)の連絡先の追跡をすでに開始しています。

新たに確認された2人のCovid-19症例は、31歳の男性と22歳の女性で、無症状であり、CNMIに居住するCovid-19と診断された患者の連絡先です。検体は土曜日にCHCC研究所で採取され、処理され、陽性が確認されました。
 
ウイルス検査で陰性であっても、すでにウイルスに感染して回復していたとしても、地域のすべての人が厳格な社会的距離を保ち、公共の場所をできる限り避けることが不可欠です。

CNMIのCovid-19のカウントは現在21で、活動中の患者が7人、回復者が12人、死亡者が2人となっています。

知事のCovid-19タスクフォースとCHCCは、マリアナ諸島の住民に対して、自分自身がウイルスに感染しないように、また他の人に感染しないように、人との密接な接触を避けることを意味する社会的距離を保つことを引き続き奨励しています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


サイパンのランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

知事事務所ホームページより


知事のCOVID-19タスクフォースは、2020年5月12日からCNMIコミュニティベースのテストイニシアティブが再開されることを発表したいと思います。

先週テストが中断される前に優先的にスケジューリングされていた個人の方は、今週に再スケジューリングされました。 予定されていた試験日に間に合わなかった場合は、次の試験日に向けて再スケジュールを組むためのキャンセル待ちリストに登録されます。試験日に間に合わなかった場合は、CHCC インフォメーションライン(電話:(670)285-1672/1854/1352/1542)にご連絡いただくか、または、近日中に公開される予定の新しい登録ウェブサイトからご予約をお取 りください。
新しいテストスケジュールは以下の通りです。

火・水・金・日
午前9時~午後4時

月・木・土
午後1時~午後4時までの受付となります。

検査は登録されている方のみとなりますので、ご注意ください。

新しい登録ウェブサイトはまもなく一般公開されます。タスクフォースは、住民が検査に登録する際に役立つ新しい質問を含むウェブサイトを近日中に発表します。 

タスクフォースとコモンウェルス・ヘルスケア・コーポレーション(CHCC)は、COVID-19の検査を受けたからといって、病気への対応が改善されるわけではなく、また病気に感染したり感染したりするリスクが軽減されるわけでもないことを、一般の人々に注意喚起しています。検査を受けて陰性の結果が出た人も、ウイルスに感染しやすい状態が続いています。

タスクフォースとCHCCは、マリアナ諸島の住民に対して、自分自身がウイルスに感染しないように、また他の人に感染しないように、人との接触を避けることを意味する「社会的距離」を保つことを引き続き奨励しています。

石鹸と水で20秒間手を洗う、咳やくしゃみはティッシュや袖でカバーする、顔を触らないようにするなどの衛生管理を継続してください。



サイパンのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ