Saipan Tribuneによれば


ホテルとサイパンのカジノが閉鎖され、CNMIへの観光客がゼロになる中、北マリアナ諸島ホテル協会とインペリアル・パシフィック・インターナショナル(CNMI)LLCは現在、数百人の外国人労働者を母国に送還する作業を行っている。

HANMIのグロリア・カヴァナグ会長は、帰国させる必要のある外国人労働者の総数をまだ把握しようとしているが、全体では800人以下であることを確認していると述べた。また、これらの労働者は単発便ではありませんが、HANMI は現在も航空会社と連絡を取り合い、調整を行っています。彼女によると、HANMI は 9 月中旬から下旬までに影響を受けた労働者を帰国させることを計画しているとのことです。
この費用をどうやって捻出するかについては、各加盟ホテルが法律で定められた費用を管理しなければならない、とカヴァナージ氏は述べた。一部の従業員がCNMIに呼び戻される可能性はあるが、許可証の申請には数ヶ月かかるため、呼び戻されるまでにはしばらく時間がかかるという。

これとは別に、先週の火曜日にCNMIのリーダーに宛てた手紙の中で、IPIのドナルド・R・ブラウン最高経営責任者は、数百人の従業員を母国に送り返す計画を明らかにし、CNMIへの観光が再開されるのは2021年5月までと考えていると述べた。

IPIは昨年3月、世界的なCOVID-19パンデミックのためにカジノを閉鎖した。

Browne は国際便が2021 年1 月まで再開することが現われないことを言った。すべての可能性では、IPI に閉鎖されたままであり、次の8 か月のための収入がない、彼は言った。
追加コスト

彼によると、IPI は何百人もの従業員を解雇しなければならず、そのために送還費用を支払わなければならなかったという。また、CWワーカーと呼ばれる外国人労働者の場合、米国市民権移民局が要求しているため、IPIは彼らが働いていないにもかかわらず、本来ならば稼いでいるはずの金額の4分の3を支払わなければならなかったとブラウン氏は述べた。

建設面では、IPIはH-2B労働者266人と現地の労働者110人の合計376人を雇用した。H-2B労働者の国籍は台湾、タイ、モンゴル、オーストラリア、トルコ。

Browne氏は、IPIが再オープンすると、数百人の労働者を連れ戻さなければならないため、多額の再オープン費用が発生すると述べた。

"まだこのIPIのすべてに資金を供給するためには、それが再開された後まで収入がないだろう "と彼は言った。

これはCavanaghによってエコーされた、彼は言った「我々はパンデミックのために定期便がない限り、さらに数ヶ月間開かない可能性を処理しなければならない。一度オープンしてしまえば、それを管理するのは非常に難しいことになるだろう」と語った。

営業費用

IPI がカジノを閉めたのに、まだ支払わなければならない重要な運営費が毎月ある、彼は言った。IPIは定期的にエアコンをつけて、家具がカビてしまわないようにしなければならないし、電気ゲーム機が錆びないようにしなければならない。また、IPIは、これらの費用を支払うための収入がなくても、セキュリティを維持しなければならないとブラウン氏は述べています。

彼によると、IPIは現在、サイパンに残っている従業員の賃金をすべて支払っており、サイパンに残っている従業員には健康保険を提供しています。IPIは社宅に残っている従業員のために電力を供給し続けていると述べました。
ライセンス料

その同じ手紙の中で、ブラウンは、ラルフDLG.トレス知事、上院議長ビクターB.ホコグ(Rota)、下院議長ブラスジョナサンT.アタオ(R-サイパン)、および他の政府関係者にIPIは支払いができないことを通知した。Torres、上院議長 Victor B. Hocog (Rota)、下院議長 Blas Jonathan T. Attao (R-Saipan)、および他の政府関係者に、IPI は先週の水曜日に期限を迎えた年間 1550 万ドルのカジノライセンス料を支払うことができないことを通知しました。

世界的なパンデミックのため、カジノライセンス契約の第25条に基づく「不可抗力」を理由に、IPIは、2020年のカジノライセンス料の減額を要求しています。

また、IPIは、今年10月までにIPIが支払うべきコモンウェルスカジノ委員会の運営を支援するための300万ドルの支払いを、ガラパンでのIPIのカジノ再開予定日の30日前まで延期することを提案しています。(FERDIE DE LA TORREとJUSTINE NAUTA)


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ホテルで働いている人も本国に送還されるんだろうな。
って事は、日本に戻って来る人もいるんだろう。




サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村