Marianas Varietyによれば


コモンウェルス・ヘルスケア Corp. と知事のCovid-19タスクフォースは、島に到着する旅行者のための新しいプロトコルに取り組んでいます。

CHCCの最高経営責任者であるエスター・ムナ氏は、新しいプロトコルは8月中旬に発表される予定であることを付け加え、「CNMIへの旅行者が何を期待しているのかが分かるように、メッセージを確実に伝えることが計画されています。
旅行者が来た場所から管轄区域の陽性率や入院率を見ていくという。
"例えば、あなたがフロリダ(リスクの高い地域)から来て、韓国に旅行してサイパンに行くとします。韓国はリスクの低い地域かもしれませんが、フロリダからはるばる来たという事実は、考慮しなければならないことの一つです。その旅行者はCNMIに飛ぶ前に少なくとも14日間は韓国の検疫所で過ごさなければならない」とムナは言った。
"ハイリスクゾーンとローリスクゾーンを見てみると、ある意味ではすでに実施しています。カノアリゾートに滞在するか、自宅での自己検疫を必要とするかどうかを決定する際に、それらを考慮しています」と彼女は付け加えた。

新しいプロトコルの下では、乗客は2回のCovid-19検査を受ける必要があります。
CHCCのダッシュボードによると、空港でのスクリーニングで16件のCOVID-19の症例が確認されています。

"到着日と5日目に検査をするのには理由がある 私たちは両方のケースを確認しています。これがこのウイルスの仕組みです。

火曜日の時点で、CHCCは、2020年3月28日以来、40件のCOVID-19の症例と2件の死亡を報告していました。

グアムでは、5人の死亡者を含む349人の確認症例と53人の活動中の症例が報告されていました。そのうち、300人が民間人に分類され、49人が軍人に分類されていた。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
一部修正しています。




サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村