Marianas Varietyによれば


CW-1プログラムを通して雇用された2人の個人は、CNMI政府が外国人労働者がパンデミック失業支援と連邦失業補償プログラムを利用するのを助けることができることを望んでいる。
マリンスポーツを運営するムハンマド・ソフィル・イスラム氏と事務員のN・イスラム氏は、ここ4ヶ月近く、世界的なCovid-19規制のため、多くの外国人労働者が職を失っていると述べた。

"ビジネスがいつ本格的な業務を再開できるかは不明だ」とムハンマド・イスラム氏は述べた。"また、一時外出禁止になった労働者が仕事に復帰できるかどうかもわからない。"
 
彼は、フィリピン人や中国人コミュニティ、その他の民族グループからの彼らの友人が、連邦失業支援プログラムのための彼らの資格に関して、CNMI政府からの援助を求めていると述べた。
"私たちは、ラルフ・DLG・トーレス知事、グレゴリオ・キリリ・カマチョ・サブラン代議員、ビッキー・I・ベナベンテ労働長官に対し、連邦政府にCNMIの法を遵守しているゲスト労働者の福祉を調べるよう求めています。"とN・イスラムは語った。

ムハンマド・イスラムとN・イスラムは、彼らがサイパンで長年働いていることについて、「私たちは政府を非常に支持しており、税金を払い、すべての法律、規則、規則に従っている」と述べた。

Covid-19の流行は、多くの民間部門の労働者の生活を荒廃させた、と彼らは言った。
"私たちは一家の大黒柱であり、仕事を失ったために家族に送金することができません。

Islam氏は、災害が発生するたびに、多くの外国人労働者が連邦政府からの財政支援の面で取り残されているようだと述べた。

"台風やパンデミックがあっても差別はありません。

CNMI DOLによると、連邦法ではCWがPUAとFPUCの給付金を受ける資格があるとは明示されていない。

同省によると、これらの連邦政府の利益をCW-1許可者に拡大するためには、米国議会の行動が必要であるという。



www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
一部修正しています。

CW-1許可者に拡大するためには、米国議会の行動が必要であるという。
サイパンはCWを減らしたくないから議会に陳情する必要は有るとは思うけど、アメリカは
減らしたいから失業支援をしないのでは。








サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村