Pacific Island Timesの記事から


Google翻訳にて
太平洋諸島地域には、水中文化遺産またはUCHと呼ばれる第二次世界大戦のアーティファクトがいくつかあり、長年にわたって観光客や観客を魅了しています。これらのヴィンテージの光景は観光を通じて経済的利益をもたらしますが、これらの水中の人工物を保護および保存することは困難な場合があります。 

 島が対処しなければならない最も一般的な問題には、アーチファクトの略奪や移動、破壊​​行為などがあります。グラフィティはアーティファクトにエッチングされているのが見つかりました。ツアーオペレーターは、観光客に銃を登る方法や銃身を銃身から外す方法を示すことが判明しました。アーティファクトは、バナナボートやジェットスキーの通過による交通量の多さ、およびピクニッカーが残したゴミによっても乱されます。

2017年、国連教育科学文化機関(UNESCO)は、太平洋の島々の国と地域が水中の宝物をどのように保護および管理するかを詳述した120ページのレポートを発行しました。このレポートは、オーストラリア、北マリアナ諸島、ミクロネシア連邦、パラオ、グアム、ハワイの専門家や利害関係者からの寄稿をまとめたもので、海に埋もれた遺物を脅かす活動に言及しています。
チューク、グアムポンペイ、ヤップは、UCHサイトを管理および保護するためにローカルで包括的なアプローチを採用しました。

チュークでは、第二次世界大戦の水没したサイトの一部に、沈没船から漏れたオイルとガソリンがあり、かなりの生態学的損傷を示していることが判明しています。

チュークラグーンは、多くの弾薬を含む50隻以上の難破船で、難破船のダイビング愛好家、日本の戦争の生存者、および米軍の歴史家の間で非常に人気があります。ラグーンはまた、約4,000人の日本人の戦死者の最後の休憩場所でもあります。ダイブツーリズム、ダイナマイトフィッシング、工芸品のお土産は、チュークの主要な経済的貢献者です。チュークには、1971年以来、水中第二次世界大戦のサイトを保護および管理する既存の法律がありますが、施行は困難です。

ポンペイ遺跡とヤップ遺跡にはどちらも日本軍の基地と滑走路があり、定期的に米国の航空機によって爆撃されました。ヤップのウリツィ環礁にあるUSSミシシネワの遺体は、1944年11月に日本人が沈めたとき、378万ガロンの石油をシンガポールへ運んでいました。2001年に石油がラグーンに漏れ始めました。
グアムには、1917年4月に乗組員によって撃沈された第一次世界大戦の難破船SMSコーモランがあります。この難破船は、グアムのスキューバダイビング業界に多大な経済的利益をもたらし、2015年に5,600万ドル以上を注ぎ込みました。は、サイトの保護を奨励するものではなく、歴史的なオブジェクトを回復した人に対する金銭的報酬です。しかし、環境保護論者は、すべてのグアムのUCHがグアムのコミュニティ全体の利益のために保護および促進される文化遺産資料と見なされるように、これを変更する必要があると考えています。
パラオ政府は、日本海軍に関連する多数の沈没したWW11船を保護および管理し、不発弾の問題に対処するために、総合的な機関間アプローチを採用しています。

爆発物安全のための米陸軍技術センターは、不発弾を扱う際に3つのRアプローチを一般に推奨しました。

   認識–弾薬に遭遇した可能性がある場合に認識します。

   リトリート–触れたり、動かしたり、邪魔したりしないでください。ただし、慎重にエリアから離れてください。

   報告–陸上にある場合は直ちにポリシーを通知し、海上にある場合は米国/沿岸警備隊に通知します。

パラオは、歴史的保存局に、UCHサイトが破壊、除去、損傷、または改造から確実に保護されるようにするよう命じました。パラオは、特に地域社会、ダイバー、そして国際的な観光客をターゲットにしたUCHについての意識を高める必要があると考えました。
CNMIでは、1944年の6月と7月にサイパンの戦いが行われ、サイパンの海域に多くのUCHが残りました。サイパンのUCHサイトを保護するために、2009年に第二次世界大戦の海上遺産トレイルが開発され、スキューバダイバーやシュノーケラーがUCHを訪れ、UCHについてよりよく理解できるようになりました。公共のアウトリーチ活動に加えて、印刷物や解説フィルムは、アメリカンメモリアルパークビジターセンターで定期的に上映されています。

   ハワイにはいくつかの自然の港または安全な停泊地があり、そのUCHには、ハワイアンヘイアウ(寺院)、コア(釣り構造)、航行補助具、桟橋とワイヤーロープの着陸、停泊地、通信ケーブルなどの水中の石造建造物が含まれます。


サイパンのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村