THE GUAM DAILY POSTによれば、


Google翻訳にて抜粋
火曜日の午前0時から、COVID-19に感染していないという証明書がない限り、出身地に関係なく、すべての旅行者はグアムで14日間の検疫を受けます。
検疫は輸送中の乗客にも適用されます。

ホノルル、チューク、日本の成田国際空港、サイパン国際空港を含むいくつかの便が到着したか、日曜日に到着する予定でした。グアムは以前、1日に40便以上のフライトを経験していました。
グアムのCOVID-19ケースは2週間弱で3から56に増加しました。合計には、金曜日にグアム海軍基地に停泊した空母USSセオドアルーズベルトの数十人の船員が含まれていません。航空母艦から確認されたCOVID-19陽性の船員の最後の数は23名でした。海軍は、海軍基地でのCOVID-19に影響を受けた船員または彼らの住居の数を明記することを拒否し、作戦上の安全を理由にしています。

ルーレオンゲレーロ知事は、グアム海軍病院に隔離されている船員以外の船員は桟橋に留められており、地元のコミュニティや海軍基地の一般住民の中に立ち入ることはできないと語った。
検疫免除

検疫を回避する唯一の方法は、乗客が「過去72時間以内にCOVID-19に感染していないことを証明する、ヘルスケアで認識され認定された文書を所持している場合」であり、グアム政府情報センターは述べ、これらのガイドラインは変更されることがあります。

出発地に関係なく、強制検疫はグアムでの飛行機の到着が少ないため、実施されています。日曜日のグアムには、1日40便以上のフライトの代わりに、ホノルル、チューク、日本の成田国際空港、サイパン国際空港など、わずか数便の到着しかありませんでした。
サイパンのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村