Saipan Tribuneによれば


Google翻訳にて抜粋
「確認された2つの陽性症例には、42歳の男性と49歳の女性が関係しています」と、Commonwealth Health CenterのメディカルアフェアーズディレクターであるDr. John Tudelaは述べています。

トゥデラ氏によると、どちらのケースも、症状を示し、昨年3月26日にCHCで検査を受けた後、ススペのカノアリゾートで隔離されています。
CHCはすでに、家族、友人、および2人がいなくなった信仰ベースの組織のメンバーを含む2人の患者の最も直接的な接触の接触追跡を開始しています。
隔離されている2人の陽性患者は、現在隔離されている残りの人々とは接触していないと述べた。

「症状のないものはグループ化されているので、日常的なことはできるが、大規模なグループでは決してできない」とトゥデラ氏は語った。カノアにいる個人は、他の人から6フィートの距離を保ちながら、社会的距離を伸ばしています。
サイパンのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村