Saipan Tribuneによれば


フィリピン料理とメキシコ料理のフュージョン・レストラン、ラ・メサ・クシナが4月6日、ガラパンに移転オープンした。

テープカットは、チャラン・カノア教区のライアン・P・ヒメネス司教が祈りを捧げ、聖水で祝福する中で行われた。

フィエスタのような祝宴が始まって間もなく、ラ・メサ・クシーナはグランド・オープニングの特別企画「本日のプロモ」-レチョン・デー(レチョン・タコスとレチョンライスボウル)を用意し、常連客はフィリピンとメキシコのハイブリッド料理を楽しんだだけでなく、ハイ・タイド・バンドによるスペシャル・パフォーマンス、楽しいフェイス・ペインティング、そしてパーティーの最後を飾るDJとのバイブを楽しんだ。

ラ・メサ・クシーナのオペレーション・マネージャー、クリント・アルバートは「これは私たちのテーマである#thedailyfiestaの前哨戦です」と語った。

アルバートとオーナーのジョン・サルデスは、レチョンの日に加えて、このレストランではいくつかのアルコール飲料も提供することになったと話した。実際、サイパン・タップハウスは隣接するデッキスペース(アル・フレスコ・デッキと呼ばれている)をラ・メサ・クシーナと共有しており、グランド・オープン時にはビール・オン・タップを提供していた。

昨年1月、チャラン・カノアからガラパンに移転してソフトオープンして以来、アルバート氏はいくつかのアップデートや開発があると語った。

アル・フレスコ・デッキの完成はもちろん、ランチ・スペシャルや、タコス・チューズデー、チュロス・チューズデー、フィリピン・ヘリテージ・ナイト、レディース・ナイトなどの "デイリー・フィエスタ "を開始する予定です」。

アルバートとサルーデスは、数年前にチャラン・カノアにレストランをオープンして以来、応援してくれているすべてのお客さんに感謝の気持ちを伝えた。

「チャラン・カノアに店を構えて以来、私たちを応援してくれたすべての人にありがとうと言いたい。ラ・メサ・クシナは、チャラン・カノアにあるラ・メサ・クシナにあります。

ラ・メサ・クシーナは、ビーチロード沿いのR&Jワインの横、Tバーの向かいに位置し、月曜日から土曜日の午前11時から午後3時、午後5時から午後10時まで営業している。予約や詳細は、電話(670) 234-6372まで。フェイスブックとインスタグラムもやっている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

場所はここ




サイパンのランキングに参加しています
クリック戴けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ