Maranas Varietyによれば


マリアナ政府観光局は月曜日、韓国から約5000人の旅行者が今年1月27日から2月28日にかけてCNMIに到着する見込みであると発表しました。

フライトはアシアナ航空、済州航空、T'Way Airによって提供される予定です。

"マリアナ諸島はオミクロンの変種などの影響で12月と1月に韓国からの需要が減少しているが、MVAとその観光パートナーは旧正月の休暇期間中の1月末とそれ以降の市場の回復について楽観的である "とMVAは述べている。

2021年11月、CNMIは2842人の訪問者を受け入れ、前年同月の186人に比べ1528%増加した。

2020年11月の韓国人訪問者はわずか5人だったのに対し、2021年11月は2,127人でした。

2020年11月、CNMIはグアムから82人、米国本土から80人、日本から5人、フィリピンと台湾から各3人、その他の管轄地域から8人の訪問者を受け入れました。

Covid-19パンデミック前の2019年11月には、CNMIは39,717人の訪問者を受け入れました。

MVAは、最新の数字が "引き続き厳しい道のりである "ことを示していると述べた。

10月にMVAは、昨年の残り期間を通じて、約7,794人の韓国人観光客がCNMIに到着すると推定しました。

最近のデータによると、10月から12月中旬までの観光客は合計4,834人で、10月に予測された人数182人の約62%でした。
また、2021年11月、CNMIはグアムから167人、米国本土から149人、フィリピンから11人、日本から3人、中国から2人、その他の管轄区域から23人の訪問者を受け入れました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

関連ニュース


楽観的過ぎる気がするんだけど。
島の状態を考えれば来る人は少ないと思うよね。


サイパンのランキングに参加しています
クリック戴けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ