リベンジするってよく聞くけど、本当の意味を知ったらヤバイ。
日本国内では通じても海外では通じないか、本当の意味で理解されると思うんだよね。






カタカナ英語は色々違った意味で使われる事が多いんだって。
前にも書いたような記憶が有るけど記事を探せない内容で、英会話が出来ても、技術的な用
語や言葉って翻訳出来ないか出来たとしても日本語として意味が通じないようになる。

例1
自作パソコンでマザーボードの取説が全部英語で書かれているけど、パソコンが分からない
人には翻訳出来ない事が実際に有った。

例2
ケーブルテレビで見る海外番組の車や飛行機の翻訳もかなりいい加減な事が有る。
そういう事じゃないのだけどw

例3
ラジオから流れて来た番組でテイクオフとか言っていたけど、航空管制をBGMとして利用し
ていたのですが、ちゃんと聞いているとアプローチの航空管制だった。
これは知識がない人が作っているんだろうなと思う。

日本人はカタカナ英語で理解しても実際とは違うって事を理解しないとダメですね。


サイパンのランキングに参加しています
クリック戴けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ