Saipan Tribuneによれば


公安省によると、5月17日(金)、40歳の男性中国人観光客がラウラウ湾ダイビングポイントで溺死した。

DPSの広報官代理であるサイモン・マナコップ警察次長によると、予備調査によると、被害者は午後4時30分ごろ、被害者とその同伴女性が雇った2人のダイビング・オペレーターとともにダイビング・サイトに到着した。

「ダイビング・インストラクターは、最初のダイビングで被害者に異常はないと言っていた。「全員が水深12メートルまで潜り、ゆっくりと浅瀬に戻った。全員がリーフラインに近づいたとき、被害者が水面に浮上しては海底に下降を繰り返しているのが目撃された。インストラクターと被害者はリーフラインに沿っており、水位は胸の高さであった。しかし、波があったため、2人ともレギュレーターを使い続けた」とマナコップは語った。

「被害者はその後、何度も腕を振ってパニックになっているのが目撃された。被害者のエアゲージは0psiを示し、すぐにセカンダリー・レギュレーターを勧められたが、彼はそれを拒否し、パニックを続けた。インストラクターは被害者が意識を失っていることに気づき、すぐに助けを求めた。その後まもなく、医療班が到着するまで心肺蘇生が行なわれた。

被害者はコモンウェルス・ヘルス・センターに搬送されたが、午後7時29分、溺死により死亡が確認された、とDPSは述べた。

この事件はまだ調査中である、とDPSは付け加えた。この事件に関する情報をお持ちの方は、DPSマリン・パトロール・セクションまで電話(670)233-9120、DPS本部まで電話(670)664-9001、または匿名希望の方は犯罪抑止ホットラインまで電話(670)234-7272でご連絡ください。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

関連ニュース


サイパンのランキングに参加しています
クリック戴けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ