誰でも撮れる風景写真

自宅から見える風景・月、外出先での風景や大好きなサイパンの情報や写真も投稿します。撮影の基本は一眼ですが、たまにはスマホも。

誰でも簡単に撮影できる写真ブログです

サイパン渡航回数24回、最終渡航は2020年2月
渡航回数は関係有りません。如何に現地の情報を仕入れられるかです。
回数行っていても何も知らない人は沢山います。

次回のサイパンは未定ですが、10月か12月辺りになると思います。

Saipan Tribuneによれば


知事のCOVID-19タスクフォースとコモンウェルス・ヘルスケア・コープは昨日、マリアナ諸島の住民や旅行者の安全を優先するために、CNMIに入国するすべての人のための新しい到着手順を発表した。
2020年7月9日(木)より、CNMIではCOVID-19の評価基準を改定します。 この変更は、グアムやアメリカ本土、マリアナ諸島周辺地域でのCOVID-19症例の増加に伴うものです。
"CNMIは、米国と世界の両方でCOVID-19の感染者数が最も少ない地域の一つであり続けていますが、特にグアムや米国本土からの旅行者が多い地域では、感染者が急増している地域が増えていることを知っています。"ラルフDLGトレス知事、CHCCのCEOであるエスター・ムーニャ氏、そしてCOVID-19タスクフォースのリーダーシップの下、1月からコミュニティとして継続してきたように、CNMIは今、島々の安全を守り、住民、ビジネス、旅行者のために段階的な再開計画の安全性を維持するために、さらなる行動を起こしています。
CNMIに入国する人は、以下の手順をすべて完了していれば、CNMI政府が承認した検疫施設から免除される場合があります。

http://www.governor.gov.mp/covid-19/travelでサイパンに到着する少なくとも3日前に、オンラインのCNMI必須宣言フォームに記入してください。
到着後1日目から14日間連続でサラアラート症状モニタリングシステム*に毎日登録・対応し、検査結果を待つ間はCHCCの定める自己検疫**を実施すること。
到着時(空港または港を出る前)および到着後5日後にCOVID-19検査のための検体採取に同意すること。
サイパン到着の最低3日前から最高6日前までに採取した検体から、有効なポリメラーゼ連鎖反応検査の証明を提出し、CNMI保健担当者の審査を受けること。
有効な証明PCR検査結果とは、到着前3~6日以内に採取された旅行者の検体と定義される。検査結果は英語で、旅行者の名前、検査機関名、検体採取日、PCR検査が実施されたことの表示、検査結果そのものが記載されていなければなりません。

* サラアラート症状モニタリングシステムは、CNMIの公衆衛生担当者がCOVID-19感染症を発症する危険性のある人を登録し、フォローアップすることを可能にします。登録された人は、私たちのコミュニティでの感染と暴露を減らすために、どんな症状でも毎日報告することができます。反応がない場合や症状を報告した場合は、CNMIの保健担当者が連絡を取り、更なる指示を行います。

** サラアラート症状モニタリングシステムに登録され、自己検疫を実施しているすべての個人に対して、公安部が無作為に検疫コンプライアンスチェックを実施します。その個人がCNMIの入国要件を遵守していないことが判明した場合、その個人は、CNMI COVID-19タスクフォースの指定された検疫/隔離サイトでCHCCが定める方法で、1泊400ドルの自己負担で14日間連続して検疫されます(食事を含む)。
帰国される方へ

すべての居住者は、到着後5日後に2回目の標本採取の予約を取ることになっている。テニアンとロタの帰国者は、それぞれの島に到着してから5日目に標本採取の予約をする。

検体採取の予約に現れなかった住民は、500ドルの違約金を請求され、DPSによってCNMI政府が承認した検疫/隔離場所に連れて行かれ、検体採取と隔離のために結果を待つことになります。
必要不可欠な労働者のために

CNMIへの入国を希望する必須労働者は、到着の少なくとも3日前までに、オンラインCNMI必須申告書の中の必須労働者のリクエストセクションに記入しなければなりません。 申請は、CNMI準州保健当局によって審査され、決定が下されます。すべての申請が自動的に承認されるわけではありません。 必須労働者は、到着日に採取した検体の検査結果を受け取った後、出勤することができます。結果を待っている間、承認された必須労働者は自己検疫を実践しなければなりません。このカテゴリーの旅行者は、CNMIへの旅行を計画する前に、cnmihealthofficial@chcc.gov.mp を通じて CNMI 領土保健当局と連絡を取ることをお勧めします。

必須労働者」とは、米国国土安全保障省、サイバーセキュリティ、インフラセキュリティ庁(http://www.cisa.gov/critical-infrastructure-sectors.http://www.cisa.gov/critical-infrastructure-sectors)からアクセス可能な必須重要インフラ労働者諮問リストに記載されている労働者のことです。
非居住者の方へ

非居住者は、サイパンに到着する最低3日前から最高6日前までに採取した検体から、有効なポリメラーゼ連鎖反応検査を受けたことを証明するものを持って、CNMIの保健担当者の審査を受けに来なければならない。

検体採取の予約に来なかった非居住者は、500ドルの違約金を請求され、DPSによってCNMI政府が承認した検疫/隔離場所に連れて行かれ、検体採取と隔離のために結果を待つことになります。

必須労働者としての入国が承認されていない非居住者は、自費でCNMI政府が指定したサイトで最低5日間の検疫を受けることになり、1泊400ドル(食事を含む)の費用がかかり、到着後5日目に検体採取が予定されています。

知事のCOVID-19タスクフォースとCHCCは、COVID-19の検査を受けたからといって、病気への対応が改善されるわけではなく、また病気に感染したり感染したりするリスクが減るわけでもないことを、一般の人々とCNMIに入国するすべての人々に注意を促しています。検査を受けて陰性の結果が出た人は、ウイルスに感染しやすい状態にあることに変わりはありません。タスクフォースとCHCCは、CNMIに入国する人に対して、自分自身がウイルスに感染しないように、また他の人に感染させないように、顔を覆うものを着用し、社会的距離を置き、良好な衛生状態を保つことを奨励しています。

CHCCと知事のCOVID-19タスクフォースは、今後も島民の皆様に健康情報を頻繁に提供し、効果的な予防策を実践し、地域社会を安全に保つためのガイダンスを提供していきます。その間、CHCCは、COVID-19の感染を確実に食い止めるために、疑われるすべてのケースを調査し、連絡先を特定することを継続していきます。

詳細については、CNMI COVID-19 Emergency Directives of 2020 の http://www.governor.gov.mp.http://www.governor.gov.mp を参照してください。
また、CNMIにおけるCOVID-19の最新情報については、https://www.chcc.gov.mp/coronavirusinformation.php をご覧ください。(PR)CNMIのCOVID-19に関する最新情報はhttps://www.chcc.gov.mp/coronavirusinformation.php。(PR)


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
一部修正しています。

観光客は検疫(隔離)施設で、自費で一泊$400支払い5日目に検査を受ける。
最低$2000必要だから誰も行かないですよね。$2000くらい大した事が無いと思う人だけ。






サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村









Marianas Varietyによれば


(MVA) - 北マリアナ政府観光局によると、アシアナ航空は2020年7月27日にソウル-サイパン-ソウル間の特別便を運航する。 
この便は、Covid-19パンデミックの影響で2020年3月22日に運航が停止されて以来、韓国からマリアナ諸島への一般のお客様に開放される初のフライトとなります。 これまでの2回のソウル発アシアナチャーター便は、北マリアナ諸島の帰国者のみに限定されていました。
"アシアナ航空のパートナーによると、今回のフライトは一般公開されましたが、乗客のほとんどが帰国者であることが予想されます。  また、このフライトは、必要に応じて他の場所で乗り継ぎをするためにソウルに到着する住民にとっても、直接かつ便利な方法になるでしょう」とMVAのプリシラ・M・イアコポ常務取締役は述べています。"私たちは、これがレジャー旅行への関心が戻ってきていることを示すポジティブな兆候であることを願っています」と述べた。 もちろん、マリアナ諸島へのすべての入国者は、政府が定めたCovid-19関連の入国要件を遵守する必要があります。
この便は午前9時にソウル国際空港を出発し、午後2時30分にフランシスコ・C・アダ/サイパン国際空港に到着します。

予約はアシアナ航空のウェブサイト(www.flyasiana.com)または現地の旅行代理店、またはサイパンのアシアナ事務所(電話:288-2625/2626)で受け付けています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
一部修正しています。

「私たちは、これがレジャー旅行への関心が戻ってきていることを示すポジティブな兆候であることを願っています」
それは無いと思うけど。サイパンから韓国に戻る人が圧倒的でしょう。
韓国からサイパンに来る人は、居住者だと思うのが普通でしょ。






サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村






パソコンにある古い写真を見ていたら、お土産で買って来た物が写ってました。
今より少ない。会社用のバラ撒きです。日本ってこういう習慣が嫌だ。
自分の年休を使って行っているのにね。
当時の職場では、海外なんて全く縁が無いどころか国内旅行すら行かない人達。
趣味は、競馬・パチンコですからね。肉体労働職場だったので、何も買わずに帰国なんて
したら裏でグズグズ言われる。
IMG_0270

IMG_0271

IMG_0272

IMG_0273

IMG_0274

IMG_0275

今もコスコに行けば同じ物が売っています。バラ撒きにお勧めです。






サイパンのランキングに参加しています



にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ